育毛剤の役目

髪の薄毛の問題はとても深刻になっています。
昔は40代後半から6代の人が老化現象として考えられてきました。
しかし今は客年層の薄毛が問題視され、男女ともに悩みをかかえている人が多いです、男性では頭頂部やM字型の禿げになってしまう事が多く、放置しておくと進行が進んでいきます。
男性の薄毛のほとんどは男性型脱毛症が原因で、男性ホルモンの過剰分泌が大きな原因となっています。
それに対して女性の場合は出産や産後、過度なダイエットによって女性ホルモンが崩れやすくなり抜け毛になってしまいます。
女性の薄毛の場合は髪全体のボリュームが少なくなり、特に分け目の部分が少なくなって地肌が目立つようになるのが特徴です。

このように男女ともにホルモンバランスの乱れが薄毛などの髪の問題につながっています。
しかし同じホルモンではなくそれぞれホルモンの働きが異なる為、薄毛の症状にも違いが生まれています。
薄毛対策として発売されている育毛剤に関しても、男女別に商品が開発され販売されています。
しかし勘違いされやすいのが、育毛剤を使用すると髪が生えてくると思っている人が多いです。
実際は髪が生えてくるという効果を持っている育毛剤は一部の商品しかありません。
その他の育毛剤は、髪が調整するために必要な栄養素を送り込み働きをしています。
そのため頭皮に湿布するタイプは、頭皮の環境悪い状態の時に使用しても思ったような効果が得られません。
そのため頭皮の環境を整えながら育毛剤を使用する事がお勧めです。



■PICK UP
無添加の髪にやさしい育毛剤です →→ 育毛剤 無添加